忍者ブログ

土舗装は生物多様性を守る1つの方法です。それには植物や動物といった生き物に負荷を与えない固化材を使用することが前提となります。酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」は、環境に配慮された環境にやさしい固化材ですが、土舗装だけでなく生き物たちとの関わりについてもご紹介していきます。

生物多様性とジオベスト

   
カテゴリー「ジオベスト」の記事一覧

柳井茶臼山古墳の復元

山口県柳井市の柳井湾を臨む標高75mの向山丘陵に「柳井茶臼山古墳」があります。
全国には茶臼山古墳と呼ばれているものが幾つもあり、なぜだろうって思ったことはありませんか?これは見上げた時、前方後円墳の形が茶臼に似ていることから、このように呼ばれたといわれており、頭に地域の名前を付けて柳井茶臼山古墳と呼ばれています。
この古墳は4世紀末から5世紀の築造と言われていますから、約1500年前ということになります。
そして、古墳復元は平成2年から平成10年にかけて古墳公園として整備されています。
 
この柳井茶臼山古墳を有名にしたものは、直径が44.8㎝ある日本一の大鏡(鼉龍鏡が出土したからですが、現在は平原遺跡から出土した直径46.5cmの大鏡が出土しているので大きさとしては二番目です。しかし、古墳からの発見では最大級の銅鏡です。現在の茶臼山古墳資料館にあるのはレプリカで、本物は東京国立博物館にあります。セキュリティーの問題がありますので仕方ないですが、本物が地元に展示されておれば、もっと多くの人を集めることができただろうと思います。この古墳では、埴輪以外に、鉄剣・鉄刀・刀子・勾玉・管玉など多数発見されています。


 
そして、注目されるのは、造営された約1500年前は、目の前が海で古柳井水道という海峡があったということです。ほかにも瀬戸内海を臨む場所にこうした古墳がありますが、これは近畿地区と九州を結ぶ交易のポイントだったことを示しています。


それでは、どのように海峡が広がっていたかを着色してみました。水色の部分は現在市街地ですが、当時は海だったわけです。この古墳は、海に臨んで航行する船に自分たちの権力の大きさを見せつけようとした意図がよくわかります。
 
古墳は全体が葺石で覆われています。これは法面の崩壊を防ぐためと、照り返しで石が輝く効果を期待しているからですが、ピラミッドに白く輝く化粧板を貼っていたのと同じですね。
しかし、全体が石で覆われていては、ゴツゴツした石ばかりなので歩くのもままなりません。墳頂部は土でも良かったのではないでしょうか?現在、葺石は落石を防ぐために、しっかりとセメントで固めてあります。築造された当時にはセメントはなかったわけですから、集中豪雨に遭うと土が水を吸ってやわらかくなり、崩壊するのは目に見えていました。それでは、当時はどうやって石を固定していたのでしょう?
石積みの方法にしても崩れない積み方というものがあったと思いますし、全体をセメントで固定するのではなく、一部を当時の土木技術を再現して復元してもらえたら、嬉しいなと思いました。




 

後円墳の頂上に上がると、竪穴式石室が2つ見つかっています。1つは、内法が長さ6メートル、幅約1.3メートルで、床には粘土を貼り、その上に礫を撤き、壁は安山岩の偏平な割石を小口積みしています。資料館には詳しい説明があります。


 
ここから大鏡・鉄剣・鉄刀・刀子・勾玉・管玉が発見されたわけです。約1500年を経ても原型を保っているということは、石室内に浸透してきた雨水が排水できたのでしょうか?今城塚古墳では、古墳上に降った雨や石室内にたまった雨水を排水する石積みの排水溝が数10m間隔で放射状に造られていました。古墳によって築造時の工夫が見られますが、ここの場合、石積みの間に水抜きはなかったのでしょうか?


しかし、約1500年前のものを復元するわけですから、どこまで調査で明らかにすることができるか疑問でもあり、限られた調査での復元には難しいものがあるのかもしれませんね。でも樹木で覆われたままの古墳が多い中で、こうして当時の人と同じ視線で古柳井水道を見下ろせたことは貴重な体験になりました。


残念だったのは、ここの茶臼山古墳資料館に寄った日は、映像機器が壊れていてビデオを見ることができなかったことです。

古墳は生物多様性にとっては大切な場所です。
環境に負荷を与えない酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」は、土舗装固化材です。よって、いろんな場所で古墳などの遺跡の復元のお手伝いをしています。


■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 福岡092-518-3537 名古屋052-766-6419

拍手[0回]

PR

白鳥塚古墳と生物多様性

白鳥塚古墳という名前の古墳は全国にあります。
下の写真は名古屋市守山区にある志段味古墳群の1つで、前方後円墳です。
愛知県では3番目の大きさで、国の史跡に指定されています。
生物多様性といえば思い出すのが、2005年愛知万博( 愛称:愛・地球博)です。
当時は、地球温暖化や生物多様性を考える取り組みとして、敷地の多くの場所で土舗装が行われました。今回ご紹介する白鳥塚古墳も歴史と自然が学べる場「歴史の里」として整備が進んでいます。
白鳥塚古墳には、墳丘に登れるように階段が設置され、当時後円部の墳頂の葺石には白色珪石が使われていました。よって、出土品である石英を見ることができます。

古墳は生物多様性にとっては大切な場所です。
環境に負荷を与えない酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」は、いろんな場所で古墳の復元のお手伝いをしています。
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 福岡092-518-3537 名古屋052-766-6419
 
古墳の説明板も出されています。是非、行ってみてください。

拍手[0回]

古墳と生物多様性

古墳の自然環境には、多くの生物多様性があります。
古墳は生き物たちにとって貴重な生息・生育場所であり、また、私たちが歴史に 思いをはせることができる場所です。今回は古市古墳群を回ってみました。
一番上の写真は、「白鳥陵古墳」で、全長189mの前方後円墳です。日本武尊は景行天皇の子で、戦死して、白鳥に姿を変え最後に降り立った地とされており、羽曳野の地名の由来と言われています。
二番目は、第27代天皇である安閑天皇の御陵「安閑天皇古市高屋丘陵」です。一番下が第15代天皇である応神天皇の御陵「応神天皇恵我藻伏崗陵」です。日本で2番目に大きい前方後円墳で全長415mあります。
古墳は外から見ただけではただの森にしか見えませんが、生物多様性にとっては大切な場所になっています。環境に負荷を与えない酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」は、古墳の復元のお手伝いをしています。
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 福岡092-518-3537 名古屋052-766-6419

拍手[0回]

雑草と生物多様性

雑草は、昆虫など多くの生物多様性の生物保護に貢献しています。
しかし、だからといって雑草が伸び放題というのも困ります。日本の稲作のように手入れをすることで農業が守れ、私たちの豊かな食卓が維持できているわけですが、田んぼが耕作放棄地になったらどうなるか・・・、昆虫などの生物が棲む環境としてはベストであっても雑草が生い茂ると、害虫が増え、イノシシなどの作物被害も増えて、周辺の農地にも影響が出てきます。
道路雑草と言われる中央分離帯や植樹帯が雑草だらけになると、害虫が増え、視界も悪くなります。せっかく整備された景観も台無しです。よって、農業における田んぼのように適切な管理が必要です。
下の写真は、防草シートの隙間から生えている雑草を撮影したものです。日照を遮ることで、雑草が生えるのを抑制する防草シートですが、雑草を枯らすわけではないので安全で手軽な反面、覆われていないところからは雑草が生えてきます。撤去する際は、産業廃棄物になります。
酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」は、土を固める土舗装用としての使用以外に、防草対策用としても使用できます。施工した場所の養分は不溶化され、土を固化することで雑草の侵入を防ぎます。もちろん育てたい植樹への影響はありません。また、撤去する際、産業廃棄物にもならず、残土として再利用が可能です。
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 福岡092-518-3537 名古屋052-766-6419

拍手[0回]

「河内ふるさとのみち」とジオベスト

自然と歴史の散歩道「河内ふるさとのみち」は、南河内地域広域行政推進協議会が設定した散策コースになります。
下の写真は、ジオベストで固められた天野街道です。
自然豊かで、緑に囲まれてのランニングやウォーキングには最高の場所です。また、多くの植物や昆虫を見ることができるので、生物多様性の保全を考えることが出来る絶好の場でもあります。
天野街道は、河内国と和泉国とを分ける陶器山丘陵の尾根を通る街道であり、熊野もうでに向かう道としても利用されていました。この山が陶器山と呼ばれているのは、この山の斜面に「登り窯」が築かれていたからだそうです。建設省(現国土交通省)の「手づくり郷土賞」、「大阪の道99選」にも選ばれています。
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419 福岡092-518-3537

拍手[0回]

植樹帯の雑草対策

生物多様性にとって、雑草って何だろうと考えさせられることがあります。
雑草のおかげで育つ生物もあるので、生物多様性を支えているともいえるからです。
しかし、稲作や植林にとって、雑草はやっかいなもので、管理してこそおいしいお米やスクスクと育ったヒノキや杉の木が利用できます。
また、植樹帯に育つ樹木も管理しないと、雑草に覆われてしまいます。

先週は、ジオベストによる植樹帯の雑草対策の施工現場に立ち会ってきました。
そして、下側の写真は、3ヵ月後の現状写真を追加しました。植栽は、生き生きと育っておりますが、雑草は皆無です。

ジオベストは中性域にある固化材なので、真砂土と混合して使用しますが、植物や動物への負荷を与えません。散水した水は透水して根に供給するので樹木が枯れることはありません。よって、雑草対策を行いながら、生物多様性にも配慮がされているといえます。
そして、植樹帯が使われなくなり、ほかの用途に使うことになっても、崩した土に肥料を加えれば植栽を育てる土として再利用が出来ます。
産業廃棄物として廃棄土にする必要がなく、リサイクルできることは長期的にみてエコといえます。是非、お試しください。
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 福岡092-518-3537 名古屋052-766-6419

拍手[0回]

ジオベスト|古墳公園|生物多様性

優れた歴史的遺産を次世代に引き継ぐために復元、その自然環境を守っていくということは、すなわち生物多様性の保全になります。
歴史的価値とは、歴史を担ったものに価値を認めることであり、尊重しようとする姿勢そのものです。
ジオベストは、土舗装用固化材なので、歴史的遺産の復元やそれを見るための園路の整備に使用しますが、弱アルカリ性の固化材なので、植物や動物といった生物に負荷を与えず、生物多様性の保全にも貢献します。
また、ジオベストは、地元で算出された土を使用することが出来、周辺の美しい山並みや田園とも、よくマッチして、歴史的、自然的景観を崩しません。
下の写真は京丹波町の塩谷古墳公園になります。
■ジオベストについてのお問合せは、
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 福岡092-518-3537

拍手[0回]

ジオベスト土舗装と春日池公園

福山市にある春日池公園は、水と緑が調和した自然豊かな公園です。
写真のように生物多様性を支える緑地環境があり、菖蒲だけでなく多くの野鳥も見ることができます。公園内には、ジオベストで舗装された土の道が整備されています。ジオベストは、セメントを使用せず酸化マグネシウムを主成分とした環境にやさしい固化材のことです。弱アルカリ性で、中性域にあるため、動植物に負荷を与えない生物多様性に配慮された材料です。
この春日池公園は、もともと灌漑用のため池として作られましたが、田んぼが減ってきたことから、一部を埋め立てて公園として整備され、自然と共生しながら、生物多様性について学べる場になっております。
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp
広島082-299-0681 神戸078-843-2561

拍手[0回]

残雪とジオベスト

兵庫県宍粟市一宮町から津山市へつながる429号線は、331日までの間、一部冬季通行止め区間がありました。よって、山越えは危険かなと思いましたが、この日は41日でもあり、高野峠を越えて岡山県の奈義町へ向かうことにしました。
途中、写真のような残雪があり、気温も一段と低くなりますが、無事に岡山県の奈義町に入ることができました。
 
実は昨年、那岐山の登山道にて、雪の中、土の道の泥濘化や流失を防ぐために現地の土にジオベストを混ぜて整備をしました。ジオベストは、「道の保全」と「登山者の安全確保」のために、便利な土舗装固化材です。
 
■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp
広島082-299-0681  神戸078-843-2561

拍手[0回]

山道の修復

富士山が世界遺産に登録されてから、例年よりも今年は多くの初詣客で賑わっています。

一方、富士山が人気だからというわけではありませんが、登山をしてみようと思う人も増えており、各地の山道では、土の流失や破損などで修復を余儀なくされているところも多く見かけます。よって、景観を崩さない、生物多様性に対応した山道の修復が求められています。

しかし、山道の修復といっても土質によって粘土質、砂質、シルト分、含水比が多いかどうかによって、整備のしやすさが変わってきます。

そして、山道ですから物資や整備する機械の運搬も大変です。しかし、酸化マグネシウム系土舗装材「ジオベスト」は、黒ぼく土、褐色森林土、真砂土、赤土といったどの土壌も環境に負荷を与えることなく固めることができます。

「ジオベスト」は、固化材なので、それさえ運搬すれば現地の土と混合するだけで、土壌の修復ができます。主成分が酸化マグネシウムなので、有害物を含まず、しかも中性域にあるので、森の生物や植物の生存を脅かすことなく、景観も崩さずに固めることができるわけです。

また、真砂土などの土を持ち込まないで修復できることから、土質を変えずに地域の生物多様性を崩さず、守ることが出来ます。

■ジオベストのお問い合わせは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
広島☎082-299-0681 神戸☎078-843-2561

拍手[0回]

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
藤重 広幸
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
マラソン
自己紹介:
ジオサプライ合同会社にて、酸化マグネシウム系固化材の販売をしております。お気軽にお問い合わせください。

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 生物多様性とジオベスト --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]