忍者ブログ

土舗装は生物多様性を守る1つの方法です。それには植物や動物といった生き物に負荷を与えない固化材を使用することが前提となります。酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」は、環境に配慮された環境にやさしい固化材ですが、土舗装だけでなく生き物たちとの関わりについてもご紹介していきます。

生物多様性とジオベスト

   

小笠原諸島 植生回復事業

日本政府は、世界的にも顕著な価値を持つ小笠原諸島の自然を次世代に確実に引き継ぐために、世界自然遺産へ推薦していましたが、2011年6月に、独自の進化をとげた動植物が多いことなどが評価され登録されました。

その中の南島は、小笠原諸島父島の南西約1kmに浮かぶ長さ約1.5km、幅約400mの無人島です。
世界的にも珍しい沈水カルスト地形の美しい島です。
特に外海とトンネル状につながる扇池は、扇の形に開いたコバルトブルーの海と白い砂浜が有名で、アオウミガメの産卵場所として利用されています。
植物では、父島で個体数が激減しているオガサワラアザミやツルワダンなどが自生しています。(東京都 環境局のページより)
しかし、多くの観光客が訪れた結果、島の植物が踏みしだかれて赤土がむき出しになり、またラピエと呼ばれる石灰質の奇岩が削られ、さらに人に付着して運ばれた種により移入植物の分布が広がるなどの悪影響が出ていました。
そこで、ジオベストによる植生回復事業が行なわれています。
何も持ち込まない・持ち出さないという原則のもと、美しい自然と生物を守るための植生回復事業では、現地の土と海水を混ぜて自然再生事業を行っています。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
藤重 広幸
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
マラソン
自己紹介:
ジオサプライ合同会社にて、酸化マグネシウム系固化材の販売をしております。お気軽にお問い合わせください。

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 生物多様性とジオベスト --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]