忍者ブログ

土舗装は生物多様性を守る1つの方法です。それには植物や動物といった生き物に負荷を与えない固化材を使用することが前提となります。酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」は、環境に配慮された環境にやさしい固化材ですが、土舗装だけでなく生き物たちとの関わりについてもご紹介していきます。

生物多様性とジオベスト

   

生物多様性と土 

岩石と土の違いは、土が緑を育てることが出来るのに、岩石は鉱物粒子の集合した「かたまり」なので、植物は育てられません。
しかし、土は、もともとが岩石であり、岩石が風化してできたものです。
植物を育てる土に変わっていくためには、長い年月が必要です。
緑を育てることができる土の中には、生物の死骸があったり、微生物の排出物が入ってたり、植物の腐食したものが入っていたりします。
こうして緑を育てることができる土(土壌)になります。
だから、土は月のような生命のないところには存在していません。
こうして土というものを見ていくと、生物が生きていくためには重要な存在であることがわかります。月を含めて、ほとんどの惑星には土がありません。
土がある唯一の星、地球を大切にしましょう。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
藤重 広幸
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
マラソン
自己紹介:
ジオサプライ合同会社にて、酸化マグネシウム系固化材の販売をしております。お気軽にお問い合わせください。

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 生物多様性とジオベスト --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]