忍者ブログ

土舗装は生物多様性を守る1つの方法です。それには植物や動物といった生き物に負荷を与えない固化材を使用することが前提となります。酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」は、環境に配慮された環境にやさしい固化材ですが、土舗装だけでなく生き物たちとの関わりについてもご紹介していきます。

生物多様性とジオベスト

   

六義園 土舗装

東京・文京区にある六義園は、駒込駅から歩いてすぐのところにあります。
東京に住んでいた頃、日展の審査員であり、示現会所属の故山本吉雄先生に連れられて、成美会のメンバーで六義園の紅葉を描きに行きました。
なつかしい思い出です。
その六義園は、五代将軍徳川綱吉の側用人柳沢吉保が綱吉から賜った地に造園した「回遊式築山泉水庭園」です。小石川後楽園とともに東京を代表するに庭園となっています。
両方共、文京区にあり、絵を描くのにかっこうな場所となっていました。

その都会のオアシスである六義園の園路を酸化マグネシウム系土舗装固化材「ジオベスト」で土舗装を行ないました。
施工はいたって簡単で、公園にある土の上にジオベストを撒き、耕運機で攪拌し、転圧するだけという簡単な施工です。
よって、新しい土を持ち込むわけでもなく、現場にある土を利用して、自然な土の色をそのまま活かして、土舗装としての弾力を持たせた仕上げになっています。
もちろん、雨が降っても泥濘化が防げるので、安心して散策が楽しめます。
この方法は、世界遺産である広島原爆ドームにつながる歩道でも実施しており、短時間で施工できるメリットがあります。
その六義園も、最近では外来種の亀が増えて、鯉が育たなくなっているようです。
持続可能な社会を構築するために、在来種を外来種の脅威から守っていくことが生物多様性の保全につながります。

□ジオベストのお問い合わせは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
広島082-299-0681 神戸078-843-2561

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
藤重 広幸
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
マラソン
自己紹介:
ジオサプライ合同会社にて、酸化マグネシウム系固化材の販売をしております。お気軽にお問い合わせください。

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 生物多様性とジオベスト --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]