忍者ブログ

土舗装は生物多様性を守る1つの方法です。それには植物や動物といった生き物に負荷を与えない固化材を使用することが前提となります。酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」は、環境に配慮された環境にやさしい固化材ですが、土舗装だけでなく生き物たちとの関わりについてもご紹介していきます。

生物多様性とジオベスト

   

山道の修復

富士山が世界遺産に登録されてから、例年よりも今年は多くの初詣客で賑わっています。

一方、富士山が人気だからというわけではありませんが、登山をしてみようと思う人も増えており、各地の山道では、土の流失や破損などで修復を余儀なくされているところも多く見かけます。よって、景観を崩さない、生物多様性に対応した山道の修復が求められています。

しかし、山道の修復といっても土質によって粘土質、砂質、シルト分、含水比が多いかどうかによって、整備のしやすさが変わってきます。

そして、山道ですから物資や整備する機械の運搬も大変です。しかし、酸化マグネシウム系土舗装材「ジオベスト」は、黒ぼく土、褐色森林土、真砂土、赤土といったどの土壌も環境に負荷を与えることなく固めることができます。

「ジオベスト」は、固化材なので、それさえ運搬すれば現地の土と混合するだけで、土壌の修復ができます。主成分が酸化マグネシウムなので、有害物を含まず、しかも中性域にあるので、森の生物や植物の生存を脅かすことなく、景観も崩さずに固めることができるわけです。

また、真砂土などの土を持ち込まないで修復できることから、土質を変えずに地域の生物多様性を崩さず、守ることが出来ます。

■ジオベストのお問い合わせは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
広島☎082-299-0681 神戸☎078-843-2561

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
藤重 広幸
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
マラソン
自己紹介:
ジオサプライ合同会社にて、酸化マグネシウム系固化材の販売をしております。お気軽にお問い合わせください。

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 生物多様性とジオベスト --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]