忍者ブログ

土舗装は生物多様性を守る1つの方法です。それには植物や動物といった生き物に負荷を与えない固化材を使用することが前提となります。酸化マグネシウム系固化材「ジオベスト」は、環境に配慮された環境にやさしい固化材ですが、土舗装だけでなく生き物たちとの関わりについてもご紹介していきます。

生物多様性とジオベスト

   

コンクリートから土へ

中国電力では、これまでコンクリートで固められていた鉄塔敷地や防草シートで覆われていた敷地に、土舗装固化材「ジオベスト」を使って土舗装する取り組みを実験的にスタートされたのが2005年の後半からでした。
もともとの目的は、田んぼの中にある鉄塔の敷地を、草刈りから開放するためのものでしたが、鉄塔敷地の土舗装化は、ヒートアイランド対策だけでなく、鉄塔敷地から流れ出す水のPHをできるだけ中性化して、田んぼや用水路の生物多様性の保全を図るという目的もありました。
また、コンクリートで固めた場合、壊す時、建設廃材(産業廃棄物)になったり、六価クロム溶出の心配があります。
しかし、酸化マグネシウム系土舗装固化材ジオベストであれば、PHも弱アルカリ性であり、固めた土を壊せばリサイクルして使えるなど、環境にやさしいというメリットがあります。
鉄塔の敷地以外にも発電所の敷地は、自然豊かな環境に整備されています。
植物の生育や昆虫などを見守るために、コンクリートで固めるのではなく、透水性や保水性のある土舗装で整備されているところもあります。
特に、柳井発電所の自然環境は子どもたちだけでなく、大人にとっても、自然と触れ合える格好の場所となっています。

■ジオベストに関してのお問い合わせは、
ジオサプライ合同会社 広島082-299-0681 
神戸078-843-2561まで

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
藤重 広幸
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
マラソン
自己紹介:
ジオサプライ合同会社にて、酸化マグネシウム系固化材の販売をしております。お気軽にお問い合わせください。

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 生物多様性とジオベスト --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]